HIGURE 17-15 cas

GIRL 2 SHOW

exhibition
元のサイトで完全版を読む
GIRL 2 SHOW Double Exhibition Cho Semin & Seo Miji チョウセミン & ソ・ミジ
アジアの文化が個性的に混ざったユニークな作品を持って、 日本の東京HIGUREギャラリーに現れた2人の女性。 韓国から来た彼女たちのShowをどうぞお楽しみに! ​ 場 所:HIGURE 17-15 cas 期 間:2017年4月17日(月)〜28(金) 時 間:13:00~19:00 (最終日は 16:00まで) 休廊日:4月24日(月) 作家在廊日:4/17, 20, 21, 22, 23, 26, 27, 28 *オープニングレセプション:4月21日(金) 18時から 【作家紹介】
2枚目の画像
アーティスト 「チョウセミン」 チョウセミン作家は賢くない宇宙と分節的自我の関係という生の矛盾から自分を 救援する旅程を描いていく。 北東アジア伝統文化のイメージを象徴的に借用、変容されたトーテミズム、 アニミズム的オブジェクトが無邪気と軽さを動力で遊戯的な仮想空間に配置される事で、 文明と野蛮、日常と逸脱、没落と救援の境界を消して、善悪、美醜、勝敗の領域を越えて 判断の非武装地帯と世界の透き間を構築する。 作家はこういう作業を通じて'意味を漁る生'ではなく、'意味から解放される生'を生きて欲しいという。 韓国、中国、日本に滞留しながら多数の展示とコラボレーションを進行したし、 現在は韓国で作業を続けている。 個展  Solo Exhibition 2015 【Supercritical Fluid】 Jooan Galley/ Gwangju/韓国 2015 【Supercritical Fluid】 Gallery Palais de Séoul/Seoul/韓国 2013 【Medium】 The page/Seoul/韓国  
3枚目の画像
アーティスト 「ソ・ミジ」 韓国出身、東京在住。日本のカワイイ文化に憧れ、勢いで2006年一人で海を渡る。 2010年 「第1回パブー絵本コンテスト」大賞を受賞し、様々なメディアの注目を浴び、 2012年、絵本「ニコニコしょうてんがい」を出版。 現在は現代美術家として、東京とソウルを行き来しながら精力的に活動中。 作品は観た人に幸せのオーラを与えることがテーマ。 色彩華やかで幸福のエネルギーが込められた画風は、アーティスト自身の ピョンピョンはねまわるような活発なイメージと重なり印象深い。 個展  Solo Exhibition 2016 【MIJI FESTA】 BLOCK HOUSE/東京 2015 【MIJI FESTA】 ARTION gallery /ソウル/韓国 2014 【ひとつ】 BLOCK HOUSE/東京 2013 【ミジの幸せな旅】 SPACE UM/ソウル/韓国 FaceBook: ArtistSeomiji Instagram: seomiji E-mail: seomiji●gmail.com(●→@)   
もっと見る