HIGURE 17-15 cas

Shift Register

project
元のサイトで完全版を読む
2日間のワークショップでは、「地球観測配列 Earth Observatory Array」(EOA)について話し合い、EOA装置を設計・構築することを目的にしています。 このワークショップは、どのように人間の技術が地球に刻まれてきたのかを調査する国際プロジェクト「シフト レジスタ Shift Register」の活動の一環です。 https://www.ixdm.ch/portfolio/shift-register/ (プロジェクト ウェブサイト) In this 2-day workshop we will discuss, design and build an 'Earth Observatory Array' (EOA) as part of an international project, Shift Register, to investigate how human technology has marked the earth. 人間が創り出したメディア、技術および社会基盤となる活動が、どのように地球に「配列・設置」されてきたのか具体化し記録することにより、それぞれのEOAを設計します。 ・大気⇄地球 劣化、溶解(大気中の物質の地球への影響) ・地球⇄地 球 沈殿物、結晶化、放射線 ・宇宙⇄地球 ミューオンとオゾンの検出 ・架空の分野 地球の活動や状態の推論的測定 Each EOA is designed to materialise and register how human media, technological and infrastructural activities have marked the earth in, for example: atmospheric ‹―› earth studies, including deterioration and dissolution earth ‹―› earth studies, including radiation and burial cosmos ‹―› earth studies, including muon and ozone detection imaginary studies, including the earth's speculative calibration 東京での観測配列は、decay(劣化、風化と放射性崩壊 etc)をテーマとし、詩的で実用的な装置となる予定です。ワークショップでは、地球 科学、科学技術、日本特有のもの、および架空の方法を用いて、decayのサイクルを記録するEOA装置を設計・製作します。 The Tokyo Array will be a poetic and practical device themed around decay and in the workshop we will build EOA elements that register decay cycles using techniques borrowed from the earth-sciences, technology, the vernacular and the imaginary. 参加者は、岩石から特定の結晶を取り出す、オートラジオグラフィーやGPS/GISを使用する、型取りや埋め込みなどを行うなど、いくつかの方法を用いて実験を行います。そして、地球での古代と現代技術の変調の合流点を示すであろう東京EOAサイトへ実際に足を運びます。 We will experiment with processes such as crystallization, autoradiography, GPS/GIS, casting and embedding and make a field trip for the potential siting of the Tokyo EOA to mark confluences between ancient and contemporary technological modulations of the earth. ワークショップでは、ごく微量の、人体には影響を及ぼさないレベルの放射性物質が発生します。 経験不問 使用言語:英語、日本語 We will be working with very low and safe levels of radiation. No experience is required. Workshop language: English and Japanese. ワークショップの2日目の夕方には、崩壊をテーマにパフォーマンスを行うサロン イベントを開催します。 Participants are also invited to take part in a performative interpretation of decay for a salon-event planned for the Sunday evening at Higure. 参加費:無料 定員:10〜15名 開始時間:両日共に11:00 am 参加をご希望の方は、jonathan.kemp●fhnw.ch(●→@) までご連絡くださいませ。 The workshop is free and will be for about 10-15 people and begin at 11am each day - to register for the workshop please email jonathan.kemp●fhnw.ch(●→@) ▶︎サロンイベント ※申込みは必要ありません 4/30(日) 開始時間 19:00 ドネーション 1000円 パフォーマンス: 久保田晃弘 / 堀尾寛太 / すずえり / 渡邉英徳 / 中村ゆい / Jonathan Kemp Salon event ※It isn't needed registration. 4/30(sun) start 19:00 Contribution 1000yen Performance: Akihiro Kubota / Kanta Horio / suzueri / Hidenori Watanebe / Yui Nakamura / Jonathan Kemp
2枚目の画像
Address: HIGURE 17-15 cas 東京都荒川区西日暮里3-17-15 JR山手線/京成線/日暮里・舎人ライナー日暮里駅 北改札西口から徒歩6分 JR山手線/東京メトロ千代田線/日暮里・舎人ライナー西日暮里駅 西口から徒歩8分 →Google map +++++ +++++ +++++ 「シフト レジスタ Shift Register」は、ジェイミー・アレン、マーティン・ハウス、ジョナサン・ケンプによる調査プロジェクトです。プロジェクトは、スイス国立科学財団の助成を受けて、スイスのバーセルを拠点とするクリティカル メディア研究室(The Institute of Experimental Design and Media Cultures, the Academy of Art and Design FHNW, Basel, Switzerland https://www.ixdm.ch/portfolio/shift-register/ http://shiftregister.info/)が行っています。 Shift Register is a research project by Jamie Allen, Martin Howse and Jonathan Kemp, funded by the Swiss National Science Foundation and hosted by the Critical media Lab, Basel, Switzerland. ジョナサン・ケンプは、唯物主義の様々な観点から、現代の技術を考察するプロジェクトを概念化し行う、経験豊富なアーティストです。哲学、石造文化財保存修復とエレクトリック イメージングの学位、エクスペリメンタル メディア アートの博士号を取得。 (http://xxn.org.uk ウェブサイト) Jonathan Kemp is an artist with long experience in conceptualising and executing projects that interrogate technology through various strands of materialism. He has degrees in Philosophy, Stone Conservation and Electronic Imaging, and a PhD in Experimental Media Art. .
もっと見る